• ホーム
  • 真菌症治療薬のフロリードDクリームのジェネリック医薬品はどんなものがある?

真菌症治療薬のフロリードDクリームのジェネリック医薬品はどんなものがある?

真菌症を治療するための薬にはフロリードDクリームと呼ばれるものがありますが、これにはジェネリック品も存在しています。ジェネリック品を利用することに抵抗がある人もいるかもしれませんが、これは先発薬よりも安く購入することができますし、基本的には先発薬と同じような効果を期待することができるので、利用するメリットは非常に多いです。特に真菌症の治療は長引いてしまったり、再発によって再び薬が必要となったりすることが多いので、先発薬を購入し続けると薬代が高くなってしまうという問題があります。真菌症を治すためにフロリードDクリームのような薬を使用したいと考えているのであれば、ジェネリック品を探してみることがおすすめです。

フロリードDクリームにはいくつかのジェネリック医薬品が存在しているので、先発薬以外の選択肢から治療薬を決めることができます。後発薬にはミコゲルクリームやアムリードクリームと呼ばれる治療薬があるので、治療費を抑えたいと考えるのであればこれらの治療薬を購入することもおすすめだと言えるでしょう。本当に同等の効果が得られるのだろうかと心配に思う人もいるかもしれませんが、ミコゲルクリームもアムリードクリームもフロリードDクリームと同じくミコナゾールという成分が有効成分です。同じ有効成分が含まれているので、フロリードDクリームと同様に真菌の増殖を阻害する効果を期待することができます。

ジェネリック品は効果が薄いと勘違いしている人も多いのですが、先発薬と同じ成分が有効成分として含まれているので、同等の治療効果を期待することができます。フロリードDクリームの後発薬であるミコゲルクリームやアムリードクリームも有効成分が同じなので、病気の原因となる真菌に高い殺菌作用を示してくれるはずです。ジェネリック品もフロリードDクリームと同じようにカンジダ症や水虫、陰股部や頭部の白癬などに効果があるので、これらの真菌症を発症した場合は利用を検討してみると良いでしょう。

ミコゲルクリームとアムリードクリームは、使用方法も同じで1日に2回から3回ほど患部に直接クリームを塗るという方法なので、誰でも簡単に使うことができるはずです。副作用に関しても皮膚の赤みなどが生じる可能性があるなど似ていることが多いので、これまでフロリードDクリームを使用していた人でも切り換えやすいと言えます。真菌症の治療費を抑えたいと考えるのであれば、ミコゲルクリームやアムリードクリームといったジェネリック品の利用も検討してみましょう。