• ホーム
  • カンジダは性行為以外でも感染する?主な感染の理由とポイントまとめ

カンジダは性行為以外でも感染する?主な感染の理由とポイントまとめ

カンジダは有名な病気のひとつなので名前を聞いたことがある人は多いはずですが、どのようにして感染するのかということを知らない人は非常に多いです。性病のひとつとされることも多いので性行為のみで感染すると勘違いしている人もいますが、実際にはそれ以外のことが原因となって発症することもあります。感染の理由を正しく理解していなければ、思いもよらなかった理由で症状を引き起こし困惑してしまう可能性があるので、どのような原因が感染の理由となるのか知っておきましょう。

もちろん性行為でもカンジダ症になってしまうことがあるので、感染している人とコンドームを使用せずにセックスを行ってしまうと病気になってしまう場合があります。性器に症状がある場合はコンドームなしでのセックスで感染する危険性が高まるので、コンドームを用いて性行為を行うか、性行為自体を控えることが大切です。ただし、性行為よりも体内に存在している常在菌の異常増殖が原因となって発症するケースのほうが多いので、性行為以外の感染についても理解を深めておく必要があります。

膣内や腸管内、口内にはカンジダの原因となるカンジダ菌が常在菌として存在しているので、性行為によって病気をうつされることがなくても発症することが少なくありません。常在菌は身体に悪い影響を与えるものではないのですが、身体の免疫機能が低下しているときや抵抗力が低くなっているときには常在菌が異常増殖してしまいます。増殖した菌が活発に活動することで口内にカビが発生したり、陰部にかゆみを覚えたりするような症状があらわれるようになるでしょう。他者から直接的に菌をもらうようなことがなかったとしても、体内に存在していた常在菌によって発症するケースもあるので注意が必要です。

また、タオルや食器の共有から口内に感染するケースもあるので、家族に感染者がいる場合は被害が拡大しないように気をつけておかなければなりません。唾液によって感染することがあるので、感染者の唾液を他の人が取り込んでしまわないようにすることが大切です。カンジダをただの性病だと認識していると性行為でのみ感染すると勘違いしてしまい、他の感染理由で発症したときにカンジダだと気がつけない可能性があります。タオルなどを介して感染したり、もともと体内にいる菌が免疫力の低下などで活性化したりすることでも症状があらわれてしまうので、性行為以外でも発症することを知っておきましょう。